2023.01.04

「日刊工業新聞」で『薬局DX』に関する記事をご執筆・ご掲載いただきました

株式会社アクシス(本社:東京都千代田区、代表取締役:川野尚吾)が提供・運営するクラウド型電子薬歴『Medixs(メディクス)は、1月4日発行『日刊工業新聞 進む薬局DX 場所選ばず患者に寄り添う』に弊社取締役・新上のインタビュー記事が掲載されましたことをお知らせします。

概要は下記の通りです。

日刊工業新聞『進む薬局DX 場所選ばず患者に寄り添う』
調剤薬局が、デジタル変革(DX)化を積極的に推進していく中で、業務効率化や医療費の削減、対人から対物へのより付加価値の高いサービス提供を行うために、クラウド型電子薬歴「メディクス」がどう活用されているかを解説した内容の記事となっております。

【記事URL】
https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00658950
(有料記事のため、記事の一部のみご参照いただけます)

日刊工業新聞とは
日刊工業新聞は産業専門の総合紙として、すべての産業分野を守備範囲にマクロ・ミクロ両面から、企業活動や仕事に役立つ情報を迅速・的確に発信しています。
なかでも「モノづくり」、「中小企業」、「技術」は大正初期(1915年)に産声を上げて以来の日刊工業新聞のDNAそのもので、分厚い情報量を誇っています。21世紀前半、産業革命に匹敵する経済・社会変革が予想される中、日刊工業新聞はこれからも、変わる産業の姿を、変わらぬ情熱で産業の最前線から日々お届けします。

・日刊工業新聞様ウェブサイトはこちら

□ 株式会社アクシスについて https://mediaxis.jp

株式会社アクシスは、医療現場をITでつなぐ、クラウド型電子薬歴のリーディングカンパニーです。
アクシスが提供する『Medixs(メディクス)』は、現場で働く薬剤師の声を元に開発された、日本初*のクラウド型電子薬歴(サービス開始2014年)です。
『メディクス』は、全国47都道府県の調剤薬局で利用されています。
現場で働く薬剤師の声を元に先端のクラウド技術により開発され、現場での使いやすさを追求するとともに、高齢化社会に向けて必要となる在宅訪問の機能実装や、処方後も薬局と患者さまが服薬状況を連絡できる機能、法改正に合わせた対応など、時代の変化にスピーディーに対応している事が特徴です。

『第16回 ASPIC IoT・AI・クラウドアワード2022』社会業界特化系ASP・SaaS部門で社会貢献賞を受賞
*当社調べ 2023年1月時点
**オプション
クラウド型電子薬歴 Medixs(メディクス)