沿革

2021年9月会社分割による持株会社制への移行により、「アクシスルートホールディングス株式会社」に商号変更。
グループ全体の経営管理を行う持株会社へ移行。
医療事業に関する権利義務を、100%子会社「株式会社アクシス」に承継。
5月『Medixs(メディクス)』、 全国47都道府県で導入を達成
5月「アクシスチャージ株式会社」を「株式会社アクシスメディコへ」商号変更
2020年9月メドレー社よりリリース発表
“オンライン服薬指導にも対応可能な調剤薬局窓口支援システム「Pharms(ファームス)」を提供開始”
9月スマホを使ったビデオ通話で服薬指導ができる新サービス「Medixsリモート調剤薬局」を開始
8月「MEDIXS」新機能 調剤薬局での「投薬後フォロー」のサービスを開始
7月NTTドコモの『おくすり手帳システムサービス』と連携
2019年7月クラウド型電子薬歴『MEDIXS』に音声入力機能を追加
*『MEDIXS2』以降のバージョンアップを『MEDIXS』ブランドで発表
2018年7月100%子会社 「アクシスチャージ株式会社(現 株式会社アクシスメディコ)」を設立
2017年1月事業拡大のため 渋谷区渋谷に移転
2016年10月電子薬歴システム『MEDIXS2』リリース
2015年6月「スマホよ薬 病院版」をリリース
2014年11月電子薬歴システム『MEDIXS』リリース
8月処方せん送付サービス『スマホよ薬』リリース
2012年12月100%子会社「株式会社ストレート」を設立
2月福岡支店を設立
200912月第三者割当増資を実施、資本金1,957万円に
200812月事業拡大のため渋谷区桜丘町に移転
4月株式会社アクシスを東京都渋谷区に設立