2020.6.4

調剤薬局350店舗900人に対し、新型コロナに関するアンケートを実施(2)

****************************************************************************

 

調剤薬局350店舗900人に対し、新型コロナに関するアンケートを実施

 

「患者さんが減った」「職を失わないか心配」や、感染不安で「子供や孫に会わない」も

 

****************************************************************************

 
クラウド型薬歴の株式会社アクシス(本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO:近藤 一馬)が、350店舗の調剤薬局で働く900人に対して実施した、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関するアンケートにより、感染の不安のなかで家庭生活を犠牲にするなど、厳しい状況下で働く調剤薬局従業員の姿が浮き彫りになりました。

 

新型コロナ(COVID-19)調剤薬局350店舗アンケート(1)こちらから

 
 

75.2%が「業務を通じてCOVID-19に感染したら」と心配

 

「3密を避ける」施策のトップは、「非対面での処方箋の送信」

 

「業務を通じてCOVID-19に感染したらと思うことはありますか」という設問に、75.2%が「ある」と回答。
またあえて「考えないようにしている」という人は12.6%でした。

 
 

感染(する・させる)の不安から、お年寄/子供や孫と会わないようにして、接触を削減

 

感染(する・させる)の不安から、お年寄/子供や孫と会わないようにして、接触を削減

 

「家庭内で通常の感染防止以上のことをしていますか」という設問に、61.3%が「シニアに会わない/接触を減らす」と答え、「子供や孫に会わない/接触を減らす」と答えた人も18.1%にのぼりました。

 
 

4人に1人が患者さんからの「理不尽な言動」について訴え

 

4人に1人が患者さんからの「理不尽な言動」について訴え

 

61.3%が患者さんから励ましの言葉などポジティブな対応があったと回答し、24.8%が患者さんからネガティブな言動があったと回答しました。
ポジティブに接してくれる患者さんは、理不尽な対応をする患者さんよりずっと多いのですが、自由記述でも辛かったこととして記述されていました。

 
 

「いつまでこの状況が続くのか」はじめ、経営、感染、第二波など多様な不安(自由記述)

 

「いつまでこの状況が続くのか」はじめ、経営、感染、第二波など多様な不安(自由記述)

 

「今、最も不安に思うこと」として、感染に関する不安のほか、調剤薬局への来局患者が減少したことによる経営状態や、リストラされないか、薬局がクラスターにならないか、第二波が来るのではなど、多様な心配があることがわかりました。(自由記述)

 
 

代表取締役CEO近藤 一馬は以下のように述べています。

「緊急事態宣言は解除されましたが、医療機関の方々はもちろんのこと、調剤薬局で働くお一人ひとりが地域の医療を支え、生活を犠牲にしながら戦っていることを忘れてはいけないと思っています。ウィズコロナの時代、第二波にもそなえて、必要な時に適切な医療を安心して受診できるよう、非対面での処方や処方予約等を含めた服薬指導をご活用頂き、感染リスクを減らす取り組みを利用いただけるよう、今後もあらたな機能をリリースしてまいります。」

アクシスは、今後も薬局をはじめとする医療現場で働く一人ひとりの気持ちに寄り添い、業務改善を推進する医療クラウドサービスを通じて、よりよい社会づくりに貢献してまいります。

 
 

■ 本件の書面PDFダウンロードはこちらから
■ 本件資料の高解像度画像の一括ダウンロード(zipファイル)はこちらから

 
 

■ 本件に関するお問い合わせ先
担当者:西條 央至
Email:support@medixs.jp

 
 

■ クラウド型電子薬歴『MEDIXS 2(読み:メディクス ツー)』について  https://medixs.jp/
薬歴情報をクラウドサーバー上に保存し、インターネットブラウザ経由でアクセスする、新しいタイプの電子薬歴です。
PCやタブレットで利用ができるため、訪問先や自宅からでも薬歴の記入や確認が可能です。システムのアップデートも自動で行われ、現場での更新メンテナンスやバックアップは不要です。
また、訪問調剤および訪問薬剤管理指導の計画書・報告書・服薬情報等提供書の作成も標準搭載。
遠隔・オンライン服薬指導にも対応し、患者さんと調剤薬局で働く方双方の新型コロナ感染リスクの低減に役立ちます。
クラウド型薬歴では最も導入実績の多い電子薬歴です*。 (*当社調べ)

 

■ 調剤予約サービス「スマホ よ薬 (読み:スマホ ヨヤク)」について https://4yaku.jp/
患者さんのスマートフォンや病院に設置したタブレット端末から、院外処方箋画像とアンケートを調剤薬局に送信、調剤の予約ができるサービスです。
患者さんの薬局内での待ち時間を短縮し、調剤薬局も患者さんが来局するまでの時間でお薬の準備をする事が可能になり、調剤業務に余裕を持つことができます。
不急の外出を削減し、患者さんと調剤薬局で働く方がた双方の新型コロナ感染リスクの低減に役立ちます。

 

□ 株式会社アクシスについて https://mediaxis.jp/
株式会社アクシスは、医療現場をITで繋ぐ、クラウド薬歴のリーディングカンパニーです。
COVID-19予防のために「3密」削減に貢献する処方箋送付システム『スマホよ薬』[特許取得済] や、クラウド型の電子薬歴管理システム『電子薬歴メディクス2』を提供中。最先端のITにより、調剤薬局の服薬指導の効率化と品質向上を強力に促進しています。

 
 

参考資料

 

* アンケート実施期間:2020年5月20日より2020年5月24日
* 実施対象:株式会社アクシスが提供するクラウド型電子薬歴サービス『MEDIXS 2』を利用している調剤薬局から350店舗を抽出、900名に対し実施。有効回答数:238。

 

 

新型コロナ(COVID-19)調剤薬局350店舗アンケート(2)

 

■ 本件の書面PDFダウンロードはこちらから
■ 本件資料の高解像度画像の一括ダウンロード(zipファイル)はこちらから