電子薬歴 問診・服薬指導支援システム

電子薬歴 問診・服薬指導支援システム

問診から服薬指導をiPadで業務サポート。電子薬歴に連動で、無駄のないスマートな業務を実現!薬剤師の業務効率化を図ります。


医療システム事業 アンケート(問診)機能により患者自身がiPadで入力しデータをデジタル化します。
服薬指指導支援は服薬指導時に、指導内容のメモをデジタル記録。調剤支援は服薬指導の内容を自動反映し、入力作業を大幅に軽減可能です。
他社レセコンともNSIPS®で連携することが可能です。


アクシスの電子薬歴 問診・服薬指導支援システムはNSIPS®に対応しています。
NSIPS®とは、日本薬剤師会が提案する薬局向けコンピュータシステム間の連携システムです。
NSIPS®は社団法人福岡県薬剤師会の登録商標です。(商標登録:第5214610号)

商品概要

電子薬歴

SOAP形式に対応した記録方式。問診、服薬指導データとも自動的に共有化されるので、 個々の入力作業の軽減につながります。

問診機能

患者さんがiPadで回答を直接入力。文字サイズ拡大機能で、高齢者の方にも簡単にご入力いただけます。
問診入力は多言語にも対応(日本語、英語、中国語、韓国語)可能です。 外国語患者への問診に、これで困ることはありません。

服薬指導

もう個々で必要情報を記録する必要はありません。
問診結果に合わせたチェック内容が表示され、 患者さんにiPadの画面タッチで説明しながらの指導が可能です。
指導と同時に情報も保存されるので入力作業の効率化にもつながります。 もちろんSOAP形式の入力にも対応しています。

薬局様メリット

薬剤師の「後作業」を削減

iPadで入力した記録は同時に電子薬歴簿へ保存されるため、手書き・メモからの転記作業・後作業を無くします。 薬剤師の無駄な残業を削減し、コア業務の対応時間を増やします。

iPadの活用で場所を選ばない服薬指導を実現

体が不自由な患者さん、子供を抱えた患者さんの近くで服薬指導を行うことができ、患者さんに親近感をもってもらえるようになります。 タッチパネル式で患者さんと会話をしながら、目を見ながら服薬指導を行うことができます。

初回問診、再来問診に基づいた服薬指導を実施

入力したデータは服薬指導時に参照しながら服薬指導を行うことができます。 指導漏れ、ヒアリング漏れを防ぎ、薬剤師年数に関わらず同一の服薬指導ができるようになります。

NSIPS©対応のレセコンであれば連携可能

既存のレセコンでもNSIPS ©対応であればMEDIXSとの連携は可能です。 将来的にレセコンを変更してもNSIPS ©対応であれば継続してMEDIXSを利用できます。

省スペース構成

MEDIXSはノートPC1台とiPad。最小限で、薬局内のスペースを取りません。 電子化でペーパーレス化、紙の保存スペースは不要です。

訪問調剤にも対応(実装予定)

iPadを使い訪問調剤向けに利用することが可能です。 薬局内にいる感覚で、訪問先で服薬指導が可能になります。


薬局様向け機能紹介

iPadの活用で電子薬歴簿へのスムーズな登録

iPad・電子薬歴簿

業務の流れ

MEDIXSは薬局業務を効率化します。 薬局業務の流れ

患者さん向け機能紹介:問診

患者さんが直接iPadで問診に回答します。 回答はそのまま電子薬歴簿に保存され、服薬指導時に活用します。 iPad・問診

薬剤師向け機能紹介:服薬指導支援

薬剤師がiPadに記入しながら服薬指導を行うことができます。
問診や処方箋から服薬指導に必要な項目は色分けで表示され、指導漏れを防止します。 服薬指導画面

機能紹介:電子薬歴簿

患者さんの薬歴を確認することができます。
患者情報の編集や、薬剤服用記録をプリントアウトすることができます。 電子薬歴簿プリントアウト

基本システム構成

MEDIXSは厚生労働省医政局が公表している「医療情報システムの安全管理に関するガイドライン」に 準拠した高セキュリティーネットワーク環境で提供されています。

お問い合わせへ
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページTOP▲

Copyright©株式会社アクシス All Rights Reserved.