• ホーム > 
  • ニュースリリース

ニュースリリース

2009年08月11日

携帯サイト用アクセス解析ツールの無料提供を開始いたしました。

■携帯サイト用アクセス解析ツールを無料提供開始
~ページごとに訪問者の年代比・男女比を推測し、コンテンツ改善が容易に~

株式会社アクシスは、モバイルサイト分析に特化した無料アクセス解析ツール「Axis Mobile Analytics」の提供を、8月11日に開始いたしました。

当サービスではユニークユーザー、セッション分析や滞在時間、直帰率、CSV一括ダウンロード機能といった機能のほか、訪問者の年齢層や男女比、地域の割合などの属性をページごとに推測できます。

対応するプログラム言語については以下との連携が可能となっています。

■対応言語:PHP、Perl、Ruby

検索キーワードやリファラ、足あと機能を持っております。具体的には、どの検索エンジンから、どんな検索キーワードで、どのページにアクセスしたかを解析してレポーティングする機能、いつ、どの機種が、どんな場所からアクセスがあったかを足あと帳方式で表示する機能などを備えています。

携帯端末分析では、機種名ごとの利用状況や、画面サイズ、GPS/ワンセグなどの機能搭載比率、通信速度などを確認できます。検索キーワードの影響力をマトリクス表示する検索ワードチャートや、グラフィカルな管理画面も利用でき、CSV(カンマ区切り形式ファイル)ダウンロード機能も備えています。

このアクセス解析ツールの解析エンジンは、早稲田大学発の技術開発ベンチャーである株式会社ユーザーローカル(http://www.userlocal.jp/)からライセンスを受けています。

■「Axis Mobile Analytics」の主な機能

1. 来訪ユニークユーザー数、訪問者数分析
ページビューだけでなく、接続者の単一数(=ユニークユーザー)やセッション(訪問者)数による解析に対応しています。ユニークユーザーや訪問者数はページごとの解析にも対応しています。

2. 年齢・性別・地域分析

サイト訪問者のおおまかな年齢層、男女比、都道府県別の割合など、「どんな人がこの携帯サイトにアクセスしているのか」を独自の分析結果から推計しています。

3. 検索キーワードの影響力をマトリクス表示する「検索ワードチャート」

サイトを複数ページ見ない等々の直帰率と検索回数、ユーザが来訪したサイト内での滞在時間をかけあわせて検索キーワードをビジュアル化。
どんなキーワードを伸ばせばいいのか、携帯サービスにおいて集客の主流になりつつある携帯SEOやリスティングなどに活用することができます。

4. 滞在時間解析

滞在時間のばらつきを目視化する機能を追加。30秒以上読んでいたユーザーはどれくらいいたのか、などサイト内での閲覧状況を解析します。

5. 参照元ページ(リファラー)分析

サイトにどこのサイトから来訪したのかを分析。検索エンジンごとやドメインごとなどでも絞込むことが可能になります。

6. 携帯キャリア別解析

docomo、au、ソフトバンクなど携帯事業者毎のアクセス数の割合を解析することができます。

7. 携帯端末分析

機種名ごとの利用状況、画面サイズ、GPSやワンセグなどの端末固有の機能搭載比率、通信速度のカバー率などをビジュアル化します。
それにより、サービスを提供する際にどの端末までを対応化させるなど数値化して判断することが可能になります。

8. CSVダウンロード機能

サイト全体、ページごとの数値データを一括ダウンロードすることができます。

■Axis Mobile Analytics の詳細

■お申し込み、お問い合わせ
■すでにAxis Mobile Analytics のアカウントをお持ちの方

このエントリーをはてなブックマークに追加
ページTOP▲

Copyright©株式会社アクシス All Rights Reserved.